メンズ

就職が決まらないならスキルを身に付けよう

  1. ホーム
  2. 貿易関係の仕事をするなら

貿易関係の仕事をするなら

握手

貿易に関する知識や能力

貿易関係の仕事を希望している人におすすめの資格が、貿易実務検定です。日本貿易実務検定協会が主催している資格です。近年、貿易量が増え、貿易実務に関するエキスパートが必要になってきており、貿易実務検定を取得していることで、貿易に関する知識や能力が身についていることを証明できます。貿易実務検定には、A〜Cまでの級があり、Cの合格率は50〜60%、Bの合格率は40〜50%、Aの合格率は30%前後といわれております。級が分かれていることで、ステップアップできるというメリットがあります。貿易実務検定は、民間の資格であるものの、知名度が高く、世間的な評価も高いことから、就職や転職に有利で、資格取得を就職、転職の応募条件としていることもあります。貿易実務検定は、独学、通信、通学といった方法で学習できます。独学の場合は、日本貿易実務検定対策講座と同じ問題集や参考書などを使用することがおすすめです。モチベーションが下がらないように、強い精神力が必要です。通信の場合もモチベーションは下がりやすいですが、CDやDVD付きの教材によって、継続して学習することができます。マイペースに、隙間時間で学習したい、できるだけ節約して学習したい人におすすめです。通学の場合、勉強せざるを得ない環境を作ることができます。受験情報など、新しい情報を手に入れやすいといえます。費用はかかりますが、仲間ができてモチベーションも下がりにくいといえます。